大阪・関西エリア、東京・関東エリア、九州エリアでのマンション大規模修繕工事・ 塗装工事ならダイワテック

はじめて修繕ナビHome / はじめて修繕ナビ / アフターメンテナンス

アフターメンテナンス
はじめて大規模修繕を迎えられる
マンション管理組合の方に向けて、
事前に知っておきたいことや
修繕のおおまかな流れなどをわかりやすく紹介。
大規模修繕に関する情報は、
まずはここからご覧ください。

修繕の終わりは、
サポートの始まり。
引き渡し後10年間の
定期メンテナンスを実施。

ダイワテックが目指しているのは、竣工・お引渡しから始まる
真のお付き合い。改修時の状況を知る現場代理人が
アフターメンテナンスを担当し、お引渡し後1年、2年、3年、
5年、10年で定期点検を実施いたします。

共用部については管理組合様と協議のうえで点検をおこない、
結果を集計してご報告。また、バルコニーなどの点検は各住戸に「定期点検アンケート」を配布して不良箇所を
チェックしていただきます。万一、施工に起因する不具合が
あった場合はただちに補修工事を実施し、アンケートや立会いによって最終確認をしていただきます。

住民説明会は何のために行うの?

ダイワテックの
アフターメンテナンス
の流れ

  • 01 大規模修繕工事完了 末永く品質を見守り続けます
  • 02 定期点検 (保証開始)
  • 06 次期大規模修繕へ
  • 03 点検実施
  • 05 次期定期点検へ
  • 04 管理組合様監理者様へ報告